不動産情報ブログ投稿記事一覧

GMSが札幌の不動産情報をブログでお送りしています

諸行無常


お久しぶりです。

先日、築何十年か経った建物を観て来ました。観てっ直ぐに頭を過ったのが「形あるものは、いずれ朽ちる」という言葉でした。

そして諸行無常の言葉が浮かび、諸行無常と言えば平家物語の冒頭に出てきますね「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。」と。

方丈記の冒頭も「ゆく川の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず。淀みに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しくとどまりたるためしなし。」と。

そして、方丈記の閑居の気味の一文に「願はず、わしらず、ただ静かなるを望み、憂へ無きを楽しみとす。」と、現代語にすると(個人的な解釈ですが)「羨まず、あたふたせず、平穏無事に過ごせることを望み、心配のない事をたのしみとする」かな?

朽ちていく建物を観ながらふうっと思い出しました。

58歳のオッサンになると、こんな言葉が頭を過るんだなぁーと。

俺、疲れているのかなぁーと?毎日「これから、これから」と思っているのに何か変だなと感じた時、

「過去を追うな、未来を願うな、今を切に生きろ」と誰かの声が聞こえるようなひと時でした。

 

好きな詩を紹介します。

「本気」

本気になると

世界が変わってくる

自分が変わってくる

変わってこなかったら

まだまだ本気になっていない証拠だ

本気な恋

本気な仕事

ああ

人間一度

こいつを

つかまんことには

インフルエンザ


御無沙汰しております。ふな子でございます。

インフルエンザ流行っておりますね。

皆様インフル予防しておりますか?

 

昨年、当社でインフルかかった人数は私を含めて2名でした。

今年は、昨年よりも流行ってるようで…

そんな中まさに今日、インフル第1号がでました。

管理人さん1名、A型インフルにかかり高熱出て

今日から1週間お休みとなります。

こんな状況なので社長からも

「手洗いとウガイをする」よう指示がありました。

皆さんもインフル予防はした方が良いですよ~

 

実は私、予防接種してますので内心、安心しておりますの…ホホホっ

 

今年は これ以上増えないように…

 

 

 

 

 

こういう考え方はいけません。


民主主義であり資本主義。

民主主義は国民主権。みんなが主役。

資本主義は価格や配分は競争により決定される。

社会主義はよくわからない。体験したことがないから。

資本主義は自由競争の社会。

だから強い者が勝つ仕組みになっている。

そう聞くと、全然平和主義ではない。

弱い場合は資本主義ではなく民主主義に乗って対人効果を狙って組織を経営する。

会社の多くは株式会社、株とは資本金のこと。

子供の頃、人から借金してはいけません。と、学校で習った。

大人になれば正反対。人からお金を借りれるようになりなさい。と、言わんばかりの世の中であり

これを資本主義という。

学校では、子供が全員将来起業家になるわけではないからそこまでは教えない。

社会に出る為のある程度の一般知識を教えるのだが、教える教師の大部分の方は

基本的に大学を出てからすぐに教師になるから資本主義の経験が無い。

なので、資本主義の実際は教えようとしても教えれない。

仕方のないことです。教師は悪くありません。

そういう採用形態にしたのは民主主義、つまりみんなが決めたことを

実行した結果なのです。

だから初期教育には借金はするなと教える。

 

個人には資本が無い。(一部の裕福な家系を除いて)

今の日本は個人では資本をほぼ集めれない仕組みになっている。

資本主義とはこうゆうものだったのか?

民主主義って平和なのか?

たまにこういった訳のわからないことを考えてしまうのは

自分が一番資本主義に合わないタイプだからだと思います。

雨が降るたびに気温が下がります。


11月に入って何日か過ぎました。

そろそろ平地でも初雪がお目にかかれるのかなと思います。

毎年そうですが、10月11月は雨の日がほんとに多くて困ります。

確か今年の7月位は日曜日ごとに雨が降ってたので、土日の現場仕事にかなり影響を及ぼしましたね。

当社では平日は日常営業、土日祝が現場作業系の内容なので

土日祝が天気悪いと寒い中雨ふりで作業することになるから大変です。

 

あっというまに11月ですよみなさん。

この前忘年会やったような気もするのはだいぶ年とったせいでしょうか?

タイヤ交換もまだ済ませていないので早く交換しないと!

 

玉ねぎとジャガイモ


獲れたて玉ねぎとジャガイモ

今週は、東区で獲れた玉ねぎとジャガイモを毎日食べてまーす。
昨日の夕食は、玉ねぎとジャイモとウインナーのマヨネーズ和え。
あまりの美味しさに、お代わりしました。
二品目は、玉ねぎとジャガイモを炒めました(しょう油味)。

玉ねぎで血液サラサラ♪
ジャガイモでデンプン・ビタミンC・カリウム♪

量を考えたら、玉ねぎ(S玉)6個とジャガイモ(M)4個でした。
健康的な食事だなーと思いながら、少し食べ過ぎなような気もするし・・・。
んーっ、まぁいいか。美味しいものを美味しく食べれて幸せって感じです。

いろいろ考えるのは止めて、美味しく食べれて感謝感謝。

以前読んだ本。確か華僑の商法100カ条という本だと思いますが、その中に食事は働くエネルギーをつくるためだからお金があってもなくても最高のものを食せだったかな?
私にとってお金はありませんが、獲れたての旬のものを食べれて最高です。

ジャガイモで思い出すのが、昔神戸市立博物館で観たゴッホの「ジャガイモのある静物」という絵です。ジャガイモ一つ一つが輝いている絵で、とても感動しました。

写真や画面では分からない実物ならではの絵でした。

 

因みに、料理は自分でしています!何故なら、独身だから(いい歳したオッサンなのに)。

大木の処理


先日の台風&地震の爪痕です。

こんな大木も地震で倒れてしまうものなんですね。

土地が火山灰ですと、木の根もあまり下(地中方向)には伸びずに水平方向に向かって根が伸びていきます。

建物のみならず、重心がズレているものに振動が加わると、重心方向へと傾いていきます。

写真のようにここまで倒れるともう再生は不可能です。

細切れに切って処分するほかありません。

ご縁あって会社で枝落としのバイトをするようになりました。

職人さんのチェーンソーをお借りして少し切らせてもらいましたが、当社の切れ味とは全然違います。

作業段取りなども含めて大変勉強になりました。

Silent night


地震もなんとか一段落したのでしょうか?

札幌市内のコンビニやスーパーはすこしづつですが活気をとりもどしつつあります。

停電というものがこれほど生活に影響を与えるとは考えもみませんでした。

当社事務所には窓はあるのですが、窓を開けたら隣のビルの壁で日は入らない構造なので昼間でも電気消せば真っ暗です。

事務所には懐中電灯も無いので明かりと言えばジッポーライターの火くらいのものでした。

中央区の夜が真っ暗なのはそうそう見れるものではありませんでした。

因みに家に帰ってからも同様でした。

幸いLEDのランタンと電池があったから暗闇でトイレせずに助かりました。

日ごろから防災意識に欠けてました。

まだ寒くない時期だったから幸いですが、冬だったらと考えると怖くなります。

里塚霊園


たまたま液状化で深刻な清田区に行くことになりました。場所は里塚霊園。

台風と地震で悲惨な状態でした。台風で倒木し、地震で約5,000基のお墓が被害にあったそうです。
現場に着いた瞬間、うわっ!何これっ?という感じでした。

大木の殆どが根が浅く、大地に根付いているように見えなかったので、どうして根が浅いのか?好奇心旺盛な私は早速、休憩中の倒木処理をしていた業者の方に聞いてみました。
業者の方が言うには、「木の根は栄養分を吸収しようとして深く深くに根を伸ばして行くが、元々が火山灰で栄養が無いから深くまで伸びて行かないんだよと」。

そこで調べてみると、
札幌市清田区里塚、美しが丘付近は標高約60~80mほどの台地となっており、4万年ほど前に支笏カルデラが形成されたときに噴出した支笏火砕流堆積物でできているそうです。古い空中写真や地質図を見ると、火砕流台地には侵食作用でつくられた谷がいく筋か走っており、そこを造成、盛土して住宅街が作られているそうで、現時点で確認できる被災地は、いずれも旧谷地形を谷埋め盛土した地域にあるそうです。

お墓一つ一つをゆっくり見渡すと、いろいろな想いが込み上げてきました。
東日本大震災の悲惨な光景の事、実家・親戚のお墓の事など(私は福島県出身です)。
時間の経過と共に、ある詩を思い出しました。
紹介します。

「こちらから」
こちらから頭を下げる
こちらからあいさつする
こちらから手を合わせる
こちらから詫びる
こちらから声をかける
すべてこちらからすれば
争いもなく
なごやかにゆく
こちらからおーいと呼べば
あちらからもおーいとこたえ
あかん坊が泣けば
お母さんがとんでくる
すべて自然も人間も
そうできているのだ
仏さまへも
こちらから近づいてゆこう
どんなに喜ばれることだろう

合掌

地震


北海道胆振東部地震

震災に被災された方々には心からお見舞い申し上げます。
また、復興に尽力されている皆様には安全に留意されご活躍されることをお祈りいたします。

今回の地震では、札幌は天災の無い地域と思っていたのが根底から崩れました。
また、普段気づかなかった事に気づかされました。

停電で周りが真っ暗で、星空がとても綺麗で感動でした。札幌の夜空には、こんなに沢山の星々が見ることが出来るんだと。

コンビニ、スーパーなどから食料品が消え、初日は少し戸惑いの中、1日2日のことだろうから目先我慢すれば何とかなるだろうと。
2日目は停電のままで、全域復旧するまで1週間かかるとか聞くと、一気に不安が大きくなり当分の間食べ物が全く手に入らなくなるのではと・・・?

2日目の昼食は、おにぎりと餃子でした(とても美味しかったです)。
弊社の社長宅にて、ガスでご飯を炊き素敵な奥様がおにぎりを作ってくれました。
ご飯を食べれる嬉しさと有難さでいっぱいでした。
弊社社長は、こんなに愛情のこもった食事を毎日食べているんだと思うと羨ましさが少し湧いてきたりして・・・。
餃子がこれまた旨い!酢だけで食べました(スッキリさ&餃子の旨味がマッチして抜群)。

食事後に思い出したのが、老子の「吾唯足知(吾ただ足るを知る)」でした。
意味は、足るを知る者は貧しいといえども心は富んでいる、足るを知らぬ者は富めりといえども心は貧しい。
食事が出来て、有難や有難や! あれこれ何も要らない、これで十分十分!

人間味溢れる社長と愛情豊かな奥様に感謝感謝です。

被災された方々には大変失礼ですが、宇宙の美しさと人の心の温かさを再認識した地震となりました。

うおっ、また揺れている。

8月最終日 夏の終わりの激辛ランチ


今年は暑かったですねぇ…

でもお盆過ぎると日が暮れれば風が冷たく感じます。

8月も今日が最終日です。あすからもう9月です。

そんなわけで夏最後の激辛料理をご案内いたします。

見てるだけで辛そうなこのパッケージ。

中身の写真はありませんが、麺自体はそんなに赤くはないのです

しかし辛かった!わたくしマッカートニーは辛い物は相当な耐性がついているのですが

食べきる前にギブアップしそうな位の代物でした。

 

今年はビアガーデン行けなかったなぁ…