退去後の原状回復についての考え方と、双方見解の違いからの難しさ

平壌オリンピックもいろいろとありましたが昨日終わりましたね。

選手村でのノロウイルスや、極寒地獄、交通網の未整備、ボッタくり店との闘い、他国間の政治的緊張等

競技以外に何かと注目が集まった大会で大変だったかと思います。

でもあの張りぼてが開会式であれだけ自国民からツッコまれていたのに、閉会式での再登場には笑ってしまいました。

オチまで用意するとは思ってませんでした。

 

さて、今回は久しぶりに不動産実務について少々お話しします。

賃貸物件であれば、いつかは退去します。

その際どうしてもついて廻るのが原状回復です。

原則的には入居者の汚損や破損は自己負担というのが原則ですが

建物は誰が使っても汚れます。

つまり、1年住むのと10年住むのとでは当たり前に汚れ方が違います。

その入居年数に合わせた査定をしなくてはなりません。

不動産屋さんとしても、国から免許を受けて商売しているわけですから、全部が全部を入居者さんに負担させようとは思っていません。

なので、10年住んだとして、10年にしてはキレイなのは、1年住んだのと比べると

まだ1年住みのほうが圧倒的にキレイです。

 

さすがに10年住めばだれが使ってもそれなりに汚れます。

大家さんが自分で住んでもそのような結果になるかと思います。

通常発生されると予測され、通常の清掃を行って頂いてもつく汚れには、原状回復の負担は発生しないのが原則です。

 

10年とか、ある程度長い年数住んだ場合には、基準点は汚れよりも損傷になっていきます。

壁になにかのカドをぶつけてへこましたとか、床に重い物を引きずって跡ついたとか、そういうことです。

 

当社としても、入居者さんにあらぬ負担をかけたくはありませんし、貸主さん側も

人に貸すということ。のご理解ご協力を頂くことになります。

 

退去の原状回復で困る案件は、入居者さんが回復費用を払わないとかいうトラブルではなく

大家さんが敷金を返したくないから何とか汚れを指摘してその分回復費として全部相殺してこい。と言ってくることです。

これは正直できません。言いたい気持ちもわかりますが、でもそれは現実に言ったらマズイでしょ?と思います。

なので、経年劣化もありますから、今回のは汚れ部分までは追及できません。と返答すると

お前の会社に年間いくら払ってるのにその対応か。お前誰から給料もらってるんだ。と言われます。

とはいえ、当社も小さいながらも一応正規の業者なので固くお断わりして参ります。

でもそんなことを言う方というのはきっと他の場面でもそのようなことを言うタイプの方なのでしょう。

そんなことが周りに知れたらその物件には退去時の金銭トラブルが確実視されるので、案内の仲介店さんも敬遠していくのは明らか。

やはり退去時のリスクという点も多少ご理解頂ければ幸いです。

除雪作業の楽しみ方

降りましたね。久々の大雪です。

朝起きてびっくりな方も多くいらっしゃったと思います。

アパートの除雪作業もシーズン的にそろそろ本腰になって参りました。

(写真の人物は雪男ではありません)

弊社名物の気合と根性の人力除雪です。

写真右手の雪山が緊張感あっていいですね。

 

毎年雪まつりが終わったら一旦暖かくなるのですが、いまだに気温は日中でもマイナスです。

そんな体を温めてくれるのが北海道名物のスープカレー

ごはんの形がパーティーハットになっています。これで1人前。

ごはん何合分になるのかわかりませんが

ごはんの重量は1kgあるとのこと。

だからこれを食べれば馬体重プラス1キロ。

こんなことやってるから横にしか成長しないとか言われるんです。

でも笑いのネタの為ならついやっちゃいます。

平壌オリンピック

ついつい見ちゃいます平壌オリンピック。

冬の競技は夏と違って競技種目自体が少ないのと、雪が降らない国や地域もあるので

日本人から見れば盛り上がってますが他国の目線はどうなんでしょう?

 

本日は羽生選手のショートプログラムすごかったですねぇ

ケガしてたいした練習も出来ずにあの内容。

努力云々あるのでしょうが天才なんでしょうね、きっと。

今回の日本はなんだかんだで現時点では7個のメダル獲得です。

いつの間にか日本選手団も強くなっていました。

たしかトリノオリンピックの時は金メダル1個しか取れず仕舞いだったことから考えると

ここ近年での進歩は目を見張るものがありますね。

 

情報化、流通の高速化、装置や器具の開発や発展、人間工学や人間科学的な面もそうですが

日本人の体格自体も欧米人化してきているのもひとつの原因かと思います。

 

昭和世代の人間の平均身長や体重は平成育ちの現代とは比較するまでもないですしね。

幼少期の食生活も違いますし、昔の気合と根性スポーツ論は現代ではあまり見かけません。

 

スキー、スケート、スノーボード、そり系が種目ですが(各種目ありますが)

夏のオリンピックのようにそろそろ新競技を入れてみてはいかがでしょうか?

 

まず思いつくのが雪合戦です。

ガチでやるとケンカになりそうな感じですが、道具の優劣が無いという点ではある意味どこの国のかたでも参加できそうです。

かなり運に左右される感があって面白そうです。

 

次に氷像作り。

氷の塊からの彫刻作成と、雪を固めてお題の建物をいかに早くうまく作るかといった感じとか。

テレ東のテレビチャンピオン感丸出しなのが安っぽい感じですが、

お金がかからない競技というのも重要なので、使っても良い工具は一人スコップ1本のみとする。とかはいかがでしょう?

 

他にはスキーの滑降のようなコースでのスパイク無しの長靴での自力での駆け下り走とか。

滑降の競技が終わった直後なんかいいのではないでしょうか?

急斜面を長靴のみで走って転倒者続出間違いなしなので、誰が金メダル取れるか取れそうか予測がつかないという面白さ。

もしかしたら滑降の本選より盛り上がるかもしれません。

これも道具はゴム長靴のみというエコ感たっぷりです。しかも下りのみ。

走る本人は大マジメなのでしょうが、足が速くても下り斜面のカーブでコケてしまうというコント感もでちゃいます。

欠点は各国の予選や出場条件はどのような基準になるのかということですが…

 

ついいつもの若干ふざけ感あるような書き方になってしまいましたが、結構考えて書いてます。

中にはそういった競技があってもいいのではないかと思っております。

多少の夢というか、なんといいますか、やっぱりオリンピック出てみたいという方もいらっしゃると思いますし。

 

他になにか冬のオリンピックに加えたい競技案はおありでしょうか?

なにか案がございましたら弊社宛に郵送にてお寄せ下さい。

みんなが楽しめる競技がもっとあってもいいのでは?と思います。

 

今回は写真が無くてすいません。

一気に降りすぎです。

前回のブログでご紹介しました気合と根性の除雪物件ですが

週末の大雪後、どのような状態になったか確認に行きました。

数日であっという間に車で入れなくなるという事態になってました。

これでは案内の仲介店さんも困ってしまいます。

 

この状態見たからにはやらなきゃイカン。

お笑い芸人並みにオイシイ状況です。

この日は日曜日だったので多少時間があったので早速作業開始。

1.5時間位で済みました。

こういった作業は効率よく営業時間外にやらないと意味がありません。

現在当別町戸建募集中です。

宜しくお願いいたします。

気合と根性2018年ver.

先日のブログで相対的に雪が降らないとか書いてましたが

物件巡回で回った先ではドカ雪になっててエライことに…

というわけで得意の気合と根性除雪です。

私の除雪は常にスコップ1本で行うのがいつものスタイルですが

この状況ではスノーダンプ登場です。

本来ならあまり営業時間中に除雪作業はやらないのですが

さすがにこれはマズイ。

吹き溜まって1.5メートル位になってました。

ということは、あの物件は大丈夫だろうかとかどんどん不安な気持ちになってしまいます。

除雪は好きなのですが寒いのはほんとに苦手なので

できれば気温がマイナス3℃位迄の時に行いたいなと勝手に思っております。

少し慣れたと思った矢先

日本列島は寒波襲来でだいぶやられてます。

寒さのせいで水道凍結も何件かありました。

配管屋さんも寒い中大変です。ここ一番で頼りになります。

その節は本当にありがとうございました。

こんな気温では在宅中でも凍ります。

物件も順番に凍ってくれればいいのですが、そんなはずもなく一斉に凍結します。

明日は一日中管理物件の排雪作業で廻ります。

得意の栄養補給もしないと!