地震

北海道胆振東部地震

震災に被災された方々には心からお見舞い申し上げます。
また、復興に尽力されている皆様には安全に留意されご活躍されることをお祈りいたします。

今回の地震では、札幌は天災の無い地域と思っていたのが根底から崩れました。
また、普段気づかなかった事に気づかされました。

停電で周りが真っ暗で、星空がとても綺麗で感動でした。札幌の夜空には、こんなに沢山の星々が見ることが出来るんだと。

コンビニ、スーパーなどから食料品が消え、初日は少し戸惑いの中、1日2日のことだろうから目先我慢すれば何とかなるだろうと。
2日目は停電のままで、全域復旧するまで1週間かかるとか聞くと、一気に不安が大きくなり当分の間食べ物が全く手に入らなくなるのではと・・・?

2日目の昼食は、おにぎりと餃子でした(とても美味しかったです)。
弊社の社長宅にて、ガスでご飯を炊き素敵な奥様がおにぎりを作ってくれました。
ご飯を食べれる嬉しさと有難さでいっぱいでした。
弊社社長は、こんなに愛情のこもった食事を毎日食べているんだと思うと羨ましさが少し湧いてきたりして・・・。
餃子がこれまた旨い!酢だけで食べました(スッキリさ&餃子の旨味がマッチして抜群)。

食事後に思い出したのが、老子の「吾唯足知(吾ただ足るを知る)」でした。
意味は、足るを知る者は貧しいといえども心は富んでいる、足るを知らぬ者は富めりといえども心は貧しい。
食事が出来て、有難や有難や! あれこれ何も要らない、これで十分十分!

人間味溢れる社長と愛情豊かな奥様に感謝感謝です。

被災された方々には大変失礼ですが、宇宙の美しさと人の心の温かさを再認識した地震となりました。

うおっ、また揺れている。